質の良い睡眠を得るために|徐々に回復|運動後マッサージをすることで疲労が取れる

徐々に回復|運動後マッサージをすることで疲労が取れる

レディ

質の良い睡眠を得るために

眠る人

首の負担を軽減させるには

起床時に身体の疲れが残っていたり、首が痛い、あるいは肩こりがするなどといった場合、枕が原因となっているケースがあります。良質な睡眠をとるためには、ストレスを溜めないように軽い運動をしたり、就寝前にぬるめのお湯に浸かったりすることも大事なことになりますが、枕の高さを調節することによっても、熟睡できるようになります。理想の枕の高さの目安としては、体型による個人差はありますが、一般的には3センチまたは4センチほどが適しています。小柄な方は3センチ前後、大柄な方はおよそ5センチの高さを基準とすることによって、より質の良い睡眠が得られます。自分に合った理想の枕の高さにすることにより、首の痛みや肩こりなども解消され、安眠することができるようになります。

起床後の身体の不調

理想の枕の高さになっていないと目覚めも悪く、起床後も疲れを持ち越して、仕事や勉強などがはかどらなくなってしまうことになります。快適な日常生活を送っていくためには質の良い眠りが必要です。枕の高さとともに、理想の枕の硬さを選ぶようにすることも、安眠を得るためには重要な要素となってきます。枕が固すぎたり、柔らかすぎてしまうと、頭や首、肩といったところに、負担がかかってしまいます。また、使用している枕が自分に適した高さや固さになっていないと、とくに、頭を支える首の骨や神経へ圧力がかかってしまうこととなります。そしてその状態が長く続いてしまうと、首回りの血流が悪化して、不眠症にまでなってしまう恐れもあります。そのため、枕は慎重に選ばなくてはなりません。